藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

世界中で、フリーエネルギー技術が噴出している・・・!

ノンカテゴリ

世界中で、フリーエネルギー技術が噴出している・・・!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

水か燃える

この事を発見したのは、
もう随分前になる・・・。

メイヤーに依る
ただの水をある振動の元に電気分解すると
その分海ガスが燃えて水に戻る。
決して、
爆発ではなく緩やかに燃える。

ブラウンガスとも呼ばれる。
日本でも発見された。
発見者の名前から、
「オオマサガス」とも呼ばれるが、
その取扱いに規制が多く、
実用になったという話は聞かない。

その理由は知れないが、利権構造がある!

既得のエネルギー産業は、
こうしたフリーエネルギーを容認するか?
難しい問題が存在する。

極端なことを言えば、
もし、
石油や原子力などのエネルギーが不要とすれば、
膨大な既存産業が打撃を受ける。
この事は自明である。

発電会社も大きな見直しが求められるだろう。
殊に、
今、
問題視されている原子力発電は、
その存立理由を失いかねない。

それは兎も角、
フリーエネルギーの技術は、
世界中で噴き出している・・・。

その中でも、
今回ご案内するのは、
植物の光合成を利用して発電する仕組みだ。

詳しくは、
転載記事を記事元に行かれて
お読み頂きたい。
が、
要旨は以下である。

植物は常時光合成をしている。
光合成によって、
グルコース(でんぷん)を生成して、
植物体や生命を保持しているが、
その70%は地中に戻していると言われている。

そこで、
地中に電極を効率的に配置すると、
地中の微生物の働きで、
電力が得られるという。
極めて、
簡単な仕組みの発見である。

オランダでは、植物から電力を生み出している!?まったく新しい自然エネルギーに注目
TABI LABO

将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。

オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。

まさに、天然のソーラーパワーシステムとも言えるものです。植物から街灯やWi-Fiスポットの電気をまかなったり、スマホなどの電子機器を充電できるようにもなります。

このプロジェクトは「Starry Sky」とも呼ばれ、2014年の11月にアムステルダムで始まりました。すでに300以上のLED街灯に光を灯すことに成功しています。

光 合成によって生成される有機物の中には、植物の成長を促す成分が含まれています。しかし、そのほとんどは使用されずに根っこから土へと排泄されてしまうの だとか。そのため、根っこの周りには、その有機物を食べようと自然と微生物が集まりますが、そこにヒントが隠されているようです。

微生物が有機物を消費する際には、電子が放出されているのだそう。そのため、そこに電極を設置することで電子を収集、電力を生み出す仕組みです。

出典 http://tabi-labo.com

その他のフリーエネルギー

沢山あるが、
又次に!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸